アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)カードローン審査

アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)『カードローン(キャッシング専用アコムカード)』の審査のコツや口コミ・評判や金利、審査時間やその流れ、即日融資などの特徴を紹介。

アコムロゴ アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)『カードローン(キャッシング専用アコムカード)』口コミと評判/審査/申込/金利/返済/借換

アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)『カードローン(キャッシング専用アコムカード)』なら、20歳以上で、自身に安定継続収入の方やアルバイト・パート・派遣の人、また本人の両親に安定した継続の収入のある方が申込OK!低金利の年4.7%〜18.0%。50万円までなら収入証明書の提出も不要。はじめての方なら、誓約日の翌日から30日間は利子0円。最大500万円まで借入OK。!!


アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)『カードローン(キャッシング専用アコムカード)』の審査のコツや口コミ・評判や金利、審査時間やその流れ、即日融資などの特徴を紹介。

アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)カードローンのスペック表

アコム ローンカード"★ローン名
アコムカードローン(三菱UFJフィナンシャル・グループ)


★利用頂ける方
・年齢 満20歳以上、の方。
・原則として、毎月安定した定期収入が入ってくる方、または、配偶者に安定した収入が入る専業主婦の方。
 ※学生の方もアルバイト・パート・派遣等で毎月定期的な収入が見込める方は利用できます。


★利用する借入額
1万円〜500万円
※初めての人なら、契約日の次の日から30日間は利子0円。
※キャッシングは最高500万円まで可能。 使用可能額とは、契約書の契約極度額を上限として貴方があといくら借り入れできるかという料金です。使用可能額の間でくり返しご利用できる。契約極度金額はお客さまの申込み金額の枠内でアコムが判断の上7、決めいたします。
※利用限度額が五十万円以上、 または他社を含めた借入れ総額が百万円以上の場合は、源泉徴収票など収入証明書が必要(慎重審査)となります。


★実質金利
(実質年率)
4.7%〜18.0%
※借入利率は変動金利です。適用金利は金融情勢等により見直しが入ります。


★月々の返済金額
◎利用時の融資残高(元金)返済金額
1円〜30万円まで:融資代金の4.2%以上
30万円〜100万円以下借入代金の3.0%以上
100万円〜500万円まで:融資代金の2.0%以上(月毎払いのみ)/2.5%以上


★借入方法
・アコムのATM
・アコム店舗での借り入れ
・全国の提携コンビニATM
※一部コンビニATM(バンクタイム等)・他行(提携金融機関)ATM・ゆうちょATMもご利用いただけますが通常手数料がかかります。
・インターネット振込予約
・フリーダイヤルからの振込予約


★各回の返済回数
1回の支払につき35日以内または毎月約定日払い。


★返済期間と返済回数
1円〜30万円以下最終借入日から最長3年0ヵ月1〜31回
30万円〜500万円以下返済金額2.0%以上の場合は最後の融資日から最長6年 9ヵ月・1〜80回/返金代金2.5%以上の場合は最終借り入れ日から最長5年 9ヵ月・1〜60回/返金金額3.0%以上の場合は最終の融資日から最長4年11ヵ月・1〜51回


★返済方式
定率リボルビング方式


★遅滞損害金(賠償額の元本に対する割合)
20.0%(実質年率)


★担保・連帯保証人
担保・連帯保証人は不要です。


★提携信用情報機関
◆株式会社 日本信用情報機構(略称JICC)
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町41-1
TEL:0120-441-481
ホームページアドレス:http://www.jicc.co.jp/

◆株式会社シー・アイ・シー(CIC)
〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウェストビル 15 階
TEL:0120-810-414
ホームページアドレス: http://www.cic.co.jp/


※審査結果次第では、ご希望の貸越極度額から減額の場合もあります。
※また、提出の書類は戻してもらえないので、予めご了承ください。"


 

アコムキャッシングTOP

 

 

ローン、審査落ちないためには最初の申込書の書き方が肝心!

アコム ローンカード最近ではインターネットや携帯・スマートフォンからの申し込みが増える一方です。
ラクに申し込みができるからこそ、確認しなければならないことがあります。それは、申請項目の記入漏れや誤字脱字です。

 もちろん記入の後に{きちっと|しっかり]確認をするのは鉄則ですが、それでもパソコンやスマートフォンで確認するのと、実際に手書きで書いた申し込み用紙を見るでは、圧倒的に前者のほうが間違いを見つけにくいのです。
ですから、市外局番が間違っていたり、住所が1文字抜けている、といった誤字脱字に気付かないまま申し込みをしてしまう危険性があります。

 虚偽の申請をするつもりはこれっぽっちもなかったのに、電話番号が間違っていたせいでカードローンが使えなくなってしまった……となってしまっては意味がありません。
ですから、申し込みをする時には入力した審査項目をくまなく見直して、誤字脱字がないように心がけてください。

 また、設置された項目に空欄が多いことも審査に関わってきます。
キャッシング会社は、信用情報と申し込み書を使って審査を行いますが、逆説的にはたったそれだけの情報しか見えない状態で審査をしなければなりません。

 ですから、申し込み書に記入された項目が少ないと、“この人はお金を貸して大丈夫な人なのか?”となり正確な判断が出来ず、結果的に融資を行うことが困難になってしまうのです。

 今まで述べた二つの要素には、大きな減点となるもう一つの要素があります。それは“ルーズな人なのではないか?”とキャッシング業者に見られてしまうことです。
誤字脱字があまりにも多いと、申し込み書の最終確認すらもしないいいかげんな人物である、と見られてしまい、“お金に関してもにしっかり返してくれないのではないか?”と疑いの目を向けられてしまいます。

 “申し込み書の確認”という常識的なことがちゃんとできているからこそ、“{この人にはお金を貸しても大丈夫|お金を貸しても返ってくるだろう|貸付をしても大丈夫に違いない”と信頼してもらい、キャッシングを利用することが可能になるのです。
ですので、“申し込みなんて適当でも大丈夫だろう”と侮って、雑に行わないようにすることが審査に通る秘訣です。